コンテンツにスキップする

ウィンドウズやアドビのソフトをハッカー集団が攻撃-マイクロソフト

  • 「ストロンチウム」と呼ばれる集団はこれまでは政府機関を攻撃
  • マイクロソフトはOSの修正プログラムを8日に配布する

マイクロソフトは1日、これまで政府機関を標的にしてきたハッカー集団が同社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」や米アドビ・ システムズのソフト「フラッシュ」を攻撃したことを明らかにした。

  マイクロソフトはOSの修正プログラムを8日に配布する。ウィンドウズ担当責任者のテリー・マイヤーソン氏が同社のウェブサイトに投稿したブログで説明した。同社によると、ウィンドウズ10最新版のブラウザー「エッジ」の利用者は今回の欠陥の影響を受けない。

  マイクロソフトが「ストロンチウム」と呼ぶ集団による攻撃は、ベンダーが気付かず修正プログラムが開発されていないセキュリティー上の弱点を突き、パソコンを乗っ取ろうもので、グーグルの脅威分析グループが発見し、10月31日に公表した。

  ロイター通信によると、このハッカー集団は「ファンシーベア」や「APT28」の名でも知られ、ロシア政府との関係や米民主党を攻撃するハッキングへの関与が指摘されている。

原題:Microsoft Says Hacking Group Targeted Windows, Adobe Flash (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE