コンテンツにスキップする

ソニーが中国人の映画作家と協力強化へ-LAで相互理解のプログラム

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は、世界第2の映画市場である中国でのプレゼンス拡大に向けて、中国人の映画・放送作家との協力強化に乗り出す。

  1日の発表資料によれば、SPEは評価の確立した作家だけでなく、将来性のある人材との協力も目指しており、中国の映画やテレビ番組をテーマにロサンゼルスで今週開く一連のプレゼンテーションや会議に幹部らが出席する。

  SPE傘下のモーション・ピクチャー・グループのトム・ロスマン会長は発表資料で、「全世界の観客のために優れたコンテンツづくりを目指す中で、米国と中国でわれわれと共に仕事をする作家らが互いのカルチャーを理解することが極めて重要だ。このプログラムの目的はそこにある」と説明した。

  SPEは今回のイニシアチブで4人の作家を一度に選抜し、ロサンゼルスのソニー・ピクチャーズ・スタジオで2週間の日程で開催する会合、相互学習や意見交換のためのプログラムに招待する。

原題:Sony Pictures Bolsters Ties to China Market With Writers Program(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE