コンテンツにスキップする

中国、新興市場という輸出のエンジン失う-中東全般で需要減少

  • 原油や商品の値下がりに加え、シリア内戦が響く
  • 最悪期が終わったとは言えない-エバンスプリチャード氏

中国にとって世界的な金融危機を乗り切る手助けとなってきた新興市場への輸出が勢いを失っている。先進国からの需要による穴埋めもなく、製造業の重荷が増えている。

  中国の対新興国輸出は4-6月(第2四半期)に6%減少。中東の燃料輸出国などへの輸出は1-3月(第1四半期)に22%減り、4-6月期も低迷した。広東省広州で2年に1度開かれる中国輸出入商品交易会でインタビューに先週応じた輸出業者や海外の買い手によれば、原油や商品の値下がりに加え、シリア内戦が中東全般の需要に悪影響を与えている。

  キャピタル・エコノミクスのシンガポール在勤エコノミスト、ジュリアン・エバンスプリチャード氏は「多くの商品生産国にとって状況は若干良くなりつつある。だが中国の輸出企業が直面する足かせの大半は、引き続き来年も新興市場からやって来るだろう。最悪期が終わったとは言えない」と述べた。

  中東の燃料輸出国などへの中国輸出は2010、11両年には30%前後の伸びを示していたが、昨年は約12%減となった。新興市場・途上国全般への中国からの輸出は10年が33%増、11年が26%増だったが、昨年は辛うじて伸びを維持するにとどまった。

Growing Pie

原題:China Losing Emerging Markets Engine Complicates Exports Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE