コンテンツにスキップする

デルタとユナイテッドがコロンビアの航空会社に近く買収提案-関係者

  • アビアンカは支配持ち分売却を含む選択肢を検討
  • アビアンカはパートナー候補に約5億ドルの出資求める

コロンビアの航空会社アビアンカ・ホールディングスは支配持ち分の売却を含む選択肢を検討しており、米デルタ航空ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスなどから来週買収提案を受ける見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  買収提案は11月9日が期限で、アビアンカへの約5億ドル(約520億円)の出資や、既存株主からの普通株の買い取りも含まれる可能性がある。交渉は部外秘だとして関係者は匿名を条件に明らかにした。コパ・ホールディングスも買収案を提示する見通し。

  アビアンカはバランスシートを補強し成長を支援するパートナーを探している。ブルームバーグ・ニュースの7月の報道によると、同社の経営権を握るヘルマン・エフロモビッチ氏とジョゼ・エフロモビッチ氏の兄弟は、保有株の過半数を担保にエリオット・マネジメントから資金を借り入れている。資産家ポール・シンガー氏率いるエリオットはアビアンカのパートナー探しで積極的に関与しており、候補企業と接触していると関係者は話している。

  アビアンカとデルタ、ユナイテッド、コパはコメントを控えた。エリオットに取材を試みたが返答はない。

原題:Delta, United Said to Near Avianca Bids Amid Elliott Talks (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE