コンテンツにスキップする

スタンダードチャータード:7-9月利益、予想に届かず-減収で

更新日時
  • 調整後税引き前利益は4億5800万ドル-市場予想5億2000万ドル
  • 収入と利益はまだ受け入れ可能な水準ではないとCEO

英銀スタンダードチャータードの7-9月(第3四半期)決算では、利益が市場予想に届かなかった。4事業部門全てが減収となった。

  同行が1日発表した資料によると、調整後税引き前利益は4億5800万ドル(約480億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト6人の予想平均は5億2000万ドルだった。前年同期は1億3900万ドルの赤字。

  急激な収入減少と貸し倒れ急増で昨年は1989年以来の通期赤字となった。今年8月には昨年設定した株主資本利益率(ROE)目標を達成できないとの見通しを示した。規制と経済環境をめぐる不透明さを理由に挙げた。

  ビル・ウィンターズ最高経営責任者(CEO、55)はこの日の発表資料で、「効率は改善が進んでいるが、収入と利益はまだ受け入れ可能な水準ではない」とコメントした。

  収入は5.9%減の34億7000万ドル。コーポレート・インスティチューショナル・バンキング部門が7.5%減収、リテールバンキングは1.1%減収だった。

原題:Standard Chartered Profit Misses Estimates on Revenue Decline(抜粋)
Standard Chartered Profit Misses Estimates on Revenue Drop (1)

(最終段落に収入を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE