日銀:物価2%達成を「18年度ごろ」に先送り、金融政策は据え置き

更新日時
  • 2年で達成できなかったのは残念、任期とは関係ない-黒田総裁
  • 「必要なことは何でもやる」の姿勢は全く変わらず-黒田総裁

日本銀行は1日の金融政策決定会合で、長短金利操作付き量的・質的緩和の枠組みによる金融調節方針の維持を決定した。従来2017年度中としていた2%の物価目標の達成時期は「18年度ごろ」に先送りした。18年4月までの黒田東彦総裁の任期中の達成は難しい情勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。