韓国の検察当局は10月31日、朴槿恵大統領の長年の友人で、民間人でありながら国政に介入した疑惑を持たれている崔順実氏を緊急逮捕した。

  聯合ニュースが匿名の検察当局者からの情報として伝えたところによると、崔氏は31日遅くに身柄を拘束された。その数時間前、崔氏は事情聴取を受けるためソウル中央地検に出頭していた。黒い服を着て出頭した際、テレビ中継では聴き取れない声で何かを述べた。聯合によると、同氏は国民への謝罪の言葉を述べたという。

  聯合によれば、当局は逃亡の恐れがあるとして崔氏を緊急逮捕した。韓国の法律では、嫌疑の深刻さや証拠隠滅、逃亡の恐れがあるとの十分な根拠があると考えられる場合、被疑者を緊急逮捕できる。検察は崔氏の逮捕状を請求するかどうか検討している。

  崔氏は予算や人事に関する決定で大統領を手助けした疑いなど、長年にわたって影響力を国政に対して行使した疑惑を持たれている。このほか、ビジネスロビーグループを唆して自分が統括する二つの財団の資金集めに利用したと野党側は主張している。

  聯合によれば、韓国の金融監督院はKEBハナ銀行が崔氏とその娘に不法な融資を行っていた疑いについて調査しているという。

原題:Prosecutors Detain Park’s Friend at Heart of South Korea Scandal(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE