NY金:3日ぶり下落、FOMC会合や大統領選めぐる不透明感が影響

31日のニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに下落。米大統領選をめぐる不透明感の高まりや1、2両日開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明が意識されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。