NY原油(31日):大幅続落-OPECの生産調整難航を嫌気

31日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅続落し、1カ月ぶり安値で引けた。週末に開かれた石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による協議で減産合意の詳細を詰められなかったことから、売りがかさんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。