OPEC事務局長:11月に協調減産合意の「方向に進んでいる」

石油輸出国機構(OPEC)のバルキンド事務局長は同加盟国と非加盟国が11月に減産の詳細で合意し、世界的な供給超過を抑える「方向に進んでいる」と述べた

  バルキンド事務局長は31日にブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、OPEC14カ国とロシアなどの非加盟産油国は最終的に協調減産をまとめる決意だと述べた。減産への参加免除を要求し増産の意向を明らかにしているイラクも、最終合意に貢献することに積極的だという。

  同事務局長によれば、OPECは28日にウィーンで開かれた専門家会議で、減産合意の詳細について「著しい進展」を見せたあと、翌日にアゼルバイジャンやロシアなど非加盟国の代表者を迎えた再協議でも前進があった。

原題:OPEC Chief Says Producers ‘On Course’ for Supply Deal Next Month(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE