米シティ、CFTCが新たな調査-金利スワップ事業について

米銀シティグループは金利スワップの取引と決済について、当局から新たな調査を受けていることを明らかにした。同行は数カ月前に、デリバティブ(金融派生商品)市場の操作を図ったとされる問題を決着させるため、4億2500万ドル(約450億円)の支払いに合意していた。

  シティは31日の届け出で、この件で米証券先物取引委員会(CFTC)に協力していると説明した。これとは別に2007年から12年にかけて金利の指標の操作を図ったとのCFTCの主張をめぐり、シティは今年、肯定も否定もせず支払いに合意した。
  
  シティの広報担当マーク・コスティグリオ氏、およびCFTCのアダムスキー報道官はコメントを控えた。

  

原題:Citigroup Says CFTC Is Investigating Interest-Rate Swap Business(抜粋)
Citigroup Says CFTC Is Investigating Interest-Rate Swap Business

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE