米シティ、CFTCが新たな調査-金利スワップ事業について

米銀シティグループは金利スワップの取引と決済について、当局から新たな調査を受けていることを明らかにした。同行は数カ月前に、デリバティブ(金融派生商品)市場の操作を図ったとされる問題を決着させるため、4億2500万ドル(約450億円)の支払いに合意していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。