米個人消費支出:9月は0.5%増、3カ月で最大の伸び-所得も増加

9月の米個人消費支出(PCE)はここ3カ月で最大の伸びとなり、個人所得も増加した。

  米商務省の31日発表によると、9月のPCEは前月比0.5%増加。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.4%増だった。前月は0.1%減(速報値のほぼ変わらずから修正)。 
  
  9月の個人所得は前月比0.3%増、前月は0.2%増だった。

  アメリプライズ・ファイナンシャル(デトロイト)のシニアエコノミスト、ラッセル・プライス氏は「米経済は消費にしっかりと支えられてホリデーシーズンの四半期に入った」とし、「雇用と賃金の伸びが継続する限り消費者の懐は膨らみ、より速いペースでの支出が可能になる」と続けた。

  インフレ調整後のPCEは0.3%増。前月は0.2%減だった。  

  貯蓄率は5.7%に低下した(前月5.8%)。

  金融当局がインフレ目標の基準とするPCE価格指数は前年比で1.2%上昇と、2014年11月以降で最大の伸び。

  変動の大きい食品とエネルギーを除くPCEコア価格指数は前年比1.7%上昇だった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Consumer Spending in U.S. Climbs by Most in Three Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE