NY外為:ユーロ下落、月間で5月以来の大幅安-政策相違で

更新日時

31日のニューヨーク外国為替市場でユーロが月間ベースで5月以来の大幅安となった。米当局が利上げ準備を進める一方、欧州中央銀行(ECB)は資産購入プログラムを延長するとの観測が背景にある。

  ユーロは対ドルで下落。月間ベースで主要16通貨のうち11通貨に対して下げた。

  ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズの為替ストラテジスト、エリック・ビロリア氏(ニューヨーク在勤)は「12月に米国で利上げが実施されると仮定すれば、ユーロは今後数週間で一段と下げるとみている」と述べ、「ハト派的なECBと対照的だ。ECBは引き続き資産購入を通じて積極的に緩和策を行っている」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.1%未満下げて1ユーロ=1.0981ドル、月間ベースでは2.3%安となっている。対円ではほぼ変わらずの1ユーロ=115円10銭。

ユーロは対ドルで下落

Photographer: Alastair Miller/Bloomberg News

  ドラギECB総裁は10月20日、政策委員会は今回の会合で資産購入プログラムの延長もテーパリングも協議しなかったと発言。これを手掛かりにユーロは下げた。一方、米国では12月までの利上げ観測が高まっている。米金利先物動向によれば、年末までの利上げ確率は72%と織り込まれている。9月末時点では59%だった。

  クレディ・スイス・グループの為替ストラテジスト、アルビーゼ・マリノ氏はユーロに対して「当社は弱気だ」と述べ、「米金融政策当局は12月に利上げに踏み切る一方で、ECBはハト派に傾く」と予想、欧州の政治的動向がさらにユーロを圧迫するだろうと続けた。

原題:Euro Set for Biggest Drop Since May as Monetary Policies Diverge(抜粋)

(相場を更新し、第4段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE