クリントン氏、民主党有権者の離反見られず-FBIが捜査再開発表後

米連邦捜査局(FBI)は米大統領選が間近に迫った28日、民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題の捜査再開を明らかにした。これにより共和党有権者は同党候補ドナルド・トランプ氏支持に傾いたが、直後のデータは選挙の鍵を握る州で民主党有権者のクリントン氏支持が変わっていないことを示唆している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。