JPモルガン、政府への資金申告促す-アルゼンチンの顧客対象

米銀JPモルガン・チェースは、未申告の資金を保有するアルゼンチンの顧客に対し申告を求める同国政府プログラムに参加するよう促し、資金の申告を怠れば口座を失うことになると警告した。

  JPモルガンのアルゼンチン部門責任者ファクンド・ゴメス・ミヌヒン氏はインタビューで、「JPモルガンのような大銀行は全ての資金が正式に申告されよう求める。そうされない場合、口座を閉鎖することになる」と述べた。

  アルゼンチンのマクリ大統領は5月、国民が申告しないまま保有している資金の一部を把握するのを狙い、「タックスアムネスティ(税の恩赦)」プログラムを発表。課税されていない貯蓄を申告した国民は、最大15%の一時的罰金を支払う。来年3月末が最終的な期限となっているこのプログラムへの参加者は、今年10月末までに特別の銀行口座を開設し、11月21日までに未申告の資金を預け入れる必要がある。

原題:JPMorgan Will Close Accounts of Argentines With Undeclared Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE