世界のコンテナ船海運業界、コスト削減と合併で危機乗り切り模索

海運データ提供会社アルファライナーによれば、商船三井日本郵船川崎汽船のコンテナ船事業統合により世界6位のコンテナ船運航会社が誕生し、世界の市場シェアの6.6%を占める見通しだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。