日銀会合注目点:2%達成時期どこまで先送りか、80兆円めどの行方は

  • エコノミスト調査で大半が現状維持を予想、追加緩和なしも急増
  • 「めど」削除なら緩和姿勢一段と後退と受け止めも、と野村・松沢氏

日本銀行は1日の金融政策決定会合で政策運営方針を決定する。金融調節方針の現状維持を市場が見込む中、2%の物価目標の達成時期の先送りや、長期国債の買い入れペースの取り扱いが焦点となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。