FBI長官は法に違反も-クリントン氏調査再開で民主党幹部が批判

  • リード上院院内総務が調査再開公表のタイミングをめぐり書簡で指摘
  • トランプ氏とロシア政府の関係に触れない「二重基準」を問題視

米連邦捜査局(FBI)が民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン氏の国務長官時代の私的電子メール使用問題をめぐる調査の再開を期日前投票が既に始まったタイミングで公表したことについて、民主党のリード上院院内総務はコミーFBI長官が法に違反した恐れがあると書簡で主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。