ドル・円は104円台後半、クリントン氏のメール問題警戒で上値限定

更新日時
  • 早朝に104円27銭までドル安・円高に振れる場面も
  • 米大統領選は最大のリスク-外為オンライン

31日の東京外国為替市場でドル・円相場は1ドル=104円台後半で推移。米連邦捜査局(FBI)が大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題で調査を再開したことを受けて、上値が重い展開となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。