外国人投資家の中国債購入、来年は5兆円規模か-昨年の4倍に

  • 人民元安を受け、16年の流入額は年初来で80億ドルに鈍化
  • 外準運用担当者が徐々に人民元へと分散する潜在力大きい-HSBC

向こう2年は外国人投資家による中国債券購入額が昨年の約4倍に膨らみそうだ。世界各国の中央銀行が外貨準備の分散化を進める。

  アナリスト11人を対象にしたブルームバーグ・ニュースの調査によると、主に金融当局や国際機関などが2017、18年にそれぞれ約480億ドル(約5兆円)相当の中国債を買い入れると見込まれている。昨年全体の120億ドルの4倍に当たる。16年は人民元が4.2%下げて投資家心理が悪化し、流入額は年初来で80億ドルに鈍化している。

  HSBCホールディングスの新興国通貨調査責任者、ポール・マッケル氏は「外貨準備の運用担当者が徐々に人民元へと分散する潜在力はなお大きい」と指摘。「年金やミューチュアルファンドなどリアルマネー運用者の意欲も非常に強い。中国が最終的に主要債券指数に採用されれば今後数年は年平均800億-1000億ドルが入ってくる可能性がある」と分析した。

  人民元が10月1日に国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)通貨バスケットに正式採用されたのに先立ち、中国は債券市場を開放したが、資本流入のインパクトはこれまでのところ限定的。こうした状況は時間の経過とともに変化する見通しで、IMFで中国担当の責任者を務めたコーネル大学のエスワール・プラサド教授によれば、今後10年で世界の11兆ドル相当の外貨準備高に占める人民元の割合は最大10%に達すると見込まれる。

  ブルームバーグ・ニュースが調査した11人の回答者のうち、中国の国債が18年末までに主要債券指数に組み入れられる確率が50%超とみているのは9人。予想中央値によると、実際に採用されれば10年間で7500億ドルの流入に寄与すると見込まれている。

原題:Foreigners Seen Putting $48 Billion in China Bonds Next Year (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE