カナダとEU、自由貿易協定に調印-2009年からの交渉まとまる

カナダのトルドー首相は30日、欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)に調印した。ベルギー南部のワロン地域が反対を表明していたが、最終的にブリュッセルでの調印にこぎ着けた。

  カナダとEUが2009年から交渉を続けてきた「包括的経済貿易協定」は、EUの製造業にとって年間5億ユーロ(約574億円)の関税削減につながるほか、カナダ・EU間の貿易を促進することが期待される。

EU大統領とカナダ首相、欧州委員長

Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

  連邦国家であるベルギーでは、フランス語圏のワロン地域が10月に入り連邦政府によるFTA承認阻止に動き、調印が危ぶまれていた。

原題:Canada, EU Sign Free-Trade Deal Delayed by Small Belgian Region(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE