MUFGなど世界の再生エネルギー融資で存在感-マイナス金利背景

  • 邦銀が欧州洋上風力などの案件獲得でリード-1、2位独占
  • 収益力強化で海外貸し出しに注力、国内低金利を補完

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)など邦銀大手3行が世界の再生可能エネルギー関連事業向けの融資で存在感を増している。背景には日本銀行によるマイナス金利政策の下で、各行が利回りの高い海外での融資案件獲得を積極化させていることがある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。