韓国の朴大統領、秘書室長の辞表を受理-青瓦台スタッフの刷新に着手

  • 友人の民間人女性による国政介入疑惑で大統領の支持率は過去最低
  • 与党セヌリ党は挙国一致内閣を要求-一部野党議員の呼び掛けに同調

韓国の朴槿恵大統領は李元鐘大統領秘書室長の辞表を受理した。鄭然国報道官が30日、テレビ放映された記者会見で発表した。朴大統領は友人の民間人女性による国政介入疑惑で批判にさらされており、青瓦台(大統領府)スタッフの刷新に着手した。

  崔順実氏が朴大統領との友人関係を利用して国政に介入した疑惑が伝えられて以来、大統領の支持率は過去最低に落ち込んでおり、李室長が辞表を提出していた。鄭報道官によると、大統領は他の首席秘書官4人の辞表も受理した。

  朴大統領は25日、2013年の就任後の一時期に「一部の文書」について崔氏に相談していたことを認め、謝罪した。これを受け、崔氏が朴政権に大きな影響力を及ぼしていたのではないかとの疑惑が浮上した。

朴槿恵大統領

Photographer: Chung Sung-Jun/Getty Images

  与党セヌリ党は30日、国会が閣僚を指名する権限を持つ挙国一致内閣を求めると表明。一部の野党議員の呼び掛けに同調した。

  30日に帰国した崔氏は弁護士を通じて国民に謝罪した。弁護士のイ・ギョンジェ氏は記者団に対し、崔氏が当局の捜査に協力すると述べた。崔氏は体調不良を理由に検察の事情聴取を1日遅らせるよう求めたが、与野党とも崔氏を直ちに逮捕して取り調べるよう呼び掛けた。  

原題:South Korean President Park Accepts Chief of Staff’s Resignation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE