英政府、関税なきアクセス継続方針を日産自に約束-EU離脱後も

  • 英ビジネス・エネルギー産業戦略相はBBCのインタビューで説明
  • 金融や製薬など他の主要産業からも同様の対応迫られる可能性

クラーク英ビジネス・エネルギー産業戦略相は30日、英政府が離脱した後も関税なしで欧州連合(EU)にアクセスを継続できるよう目指していく考えを日産自動車に約束したことを明らかにした。製造業をEU離脱の影響から守る英政府の戦略に関してこれまでで最も明確な考えを示した形だ。

  同社は数日前、対英投資を継続するのに十分な約束を確保したが、金融や製薬など他の業界も自動車業界に追随し、EU離脱に際しての支援を求める公算が大きい。クラーク氏は英BBC放送の番組で「英国が自動車生産で頼りになる場所だという確信を長期投資家に持たせるために全力を尽くすのが私の決意だった」と説明。「私が言ったのは、関税やお役所仕事の制約なしに欧州市場に相互アクセスを継続することを確実にするのがわれわれの目標だということだ。われわれはこのようにして離脱交渉に臨む」と付け加えた。

  クラーク氏の発言は、EU諸国政府と来年の早い時期に正式な離脱交渉の開始を予定するメイ英首相の交渉戦略を具体的に示すものだ。日産にイングランド北東部の工場への新規投資を説得した英政府は今後、金融や製薬など他の主要産業にも同様の対応を迫られる可能性がある。

  ウニクレディト銀行のチーフエコノミスト、エリック・ニールセン氏は30日付のリポートで「メイ首相は日産への支援を約束することで、一段と深みにはまりつつある」と指摘した。

原題:U.K. Assurances for Nissan Offer Glimpse of Post-Brexit Plan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE