クリントン氏の支持率低下し僅差に、FBI調査再開で-米世論調査

  • リードが1ポイントに、選挙戦は予断を許さない状況となる可能性
  • 投票予定者の約3分の1がクリントン氏に投票する可能性後退と回答

米連邦捜査局(FBI)が米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題の再捜査を開始したと発表した後に実施された米世論調査では、同氏の支持率が若干低下し、最終盤の選挙戦は予断を許さない状況になりそうなことが示された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。