ステート・ストリート、1年半続けた円ロングを解消-日銀を様子見

  • 円の上昇に陰り見え、投資スタンスを中立に変更
  • 日銀の新政策、実際面の意味が不明瞭-クラウノーバー氏

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズはドル安・円高の進行を見込んだ持ち高を解消した。円は先進国通貨のうち年初来のパフォーマンスが最高だが、最近は上昇の勢いに陰りが見え始めた。同社はまた、日本銀行が新たに打ち出した長短金利操作の枠組みが明確になるのを待っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。