【今週の債券】超長期中心に金利上昇か、再度の日銀オペ減額に警戒感

  • 買い入れ減額なら長期金利0%まで上昇する可能性も-メリル日本証
  • 長期金利の予想レンジはマイナス0.08%~マイナス0.03%

今週の債券市場では超長期債利回りを中心に上昇すると予想されている。日本銀行が11月以降の長期国債買い入れオペの運営方針で、超長期ゾーンの購入額を10月に続いて減らすとの警戒感が根強いことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。