米国株(28日):続落、FBIがクリントン氏メール問題の調査再開

更新日時
  • 株価下落は大統領選前のぜい弱なセンチメントを示唆
  • シェブロンは上昇、ヘルスケア銘柄は下落

28日の米国株式相場は続落。S&P500種株価指数は6週間ぶりの安値となった。クリントン民主党大統領候補が国務長官時代に私的な電子メール・サーバーを使っていた問題をめぐり、米連邦捜査局(FBI)が調査を再開したと伝わったことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。