クリントン氏:不正行為ないと確信-FBI調査再開で記者団に

更新日時

米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏は28日、国務長官時代に私的な電子メールを使っていた問題で米連邦捜査局(FBI)が調査を再開したことについて、不正行為が示されないと確信していると述べるとともに、FBIに調査再開の決定で説明を求めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。