米消費者マインド指数:10月確定87.2に低下、2014年来の低水準に並ぶ

  • 大統領選めぐる不透明感が指数低下の一因、調査ディレクター
  • 長期のインフレ期待値は2.4%に低下-過去最低

10月の米消費者マインド指数(確定値)は速報値から下方修正され、2014年以来の低水準に並んだ。現在と先行きに関する楽観がいずれも後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。