米GDP:7-9月は2.9%増、大豆輸出や在庫が寄与-個人消費減速

  • 在庫と純輸出を除く「国内最終需要」は1.4%増に減速
  • 住宅投資は6.2%減、2四半期連続マイナス

米経済の7-9月(第3四半期)の成長率は前期から加速した。在庫の伸びや大豆の輸出増加が反映された。一方で個人消費は減速した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。