米GDP:7-9月は2.9%増、大豆輸出や在庫が寄与-個人消費減速

  • 在庫と純輸出を除く「国内最終需要」は1.4%増に減速
  • 住宅投資は6.2%減、2四半期連続マイナス

米経済の7-9月(第3四半期)の成長率は前期から加速した。在庫の伸びや大豆の輸出増加が反映された。一方で個人消費は減速した。

  米商務省が28日発表した第3四半期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)速報値は前期比2.9%増と、ここ2年で最大の伸び。ブルームバーグがまとめた市場予想の中央値は2.6%増だった。前期(4-6月)は1.4%増。

  経済の約7割を占める個人消費は2.1%増と、伸びは前期(4.3%増)のほぼ半分にとどまり、市場予想(2.6%増)も下回った。GDPへの寄与度は1.47ポイント。 

  アマースト・ピアポント・セキュリティーズのチーフエコノミスト、スティーブン・スタンリー氏は「経済は良好だが、素晴らしくはない」とし、「今後も消費者の動向に合わせて浮き沈みを繰り返すだろう。明るいニュースは、基調的なファンダメンタルズが力強いということだ」と加えた。

  在庫と貿易を除く国内最終需要は1.4%増と、前期の2.4%増から減速した。

  インフレ調整後ベースの可処分所得は2.2%増(前期は2.1%増)。貯蓄率は5.7%で変わらずだった。

  純輸出のGDPへの寄与度は0.83ポイント。貿易と在庫は、GDPの算出において最も変動の大きな項目に含まれる。

  商務省の発表によれば、輸出の加速は大部分が大豆の輸出増によるもので、加速が一時的なものである可能性が高いことを示している。

  在庫投資は126億ドル増(前期は95億ドル減)。GDPへの寄与度は0.61ポイントとなった。

  企業の設備投資は1.2%増で、GDPへの寄与度は0.15ポイント。内訳を見ると、機器への投資は2.7%減(前期2.9%減)。構築物への投資は5.4%増と、前期の2.1%減からプラスに転じた。ただし、同項目は昨年、全四半期を通じてマイナスを記録、今年第1四半期も0.1%増にとどまっていた。

  住宅投資は6.2%減と2四半期連続のマイナスとなった。GDPへの寄与度はマイナス0.24ポイント。

  個人消費支出(PCE)価格指数は、食品とエネルギーを除いたコアで年率1.7%上昇となった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Economic Growth Rebounds on Inventory, Export Boost (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE