米雇用コスト指数:第3四半期は0.6%上昇、伸びは3期同率

米労働省が28日発表した第3四半期の雇用コスト指数 (ECI、季節調整後)は前期比0.6%上昇と、3四半期連続で同率だった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値とも一致した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。