【日本株週間展望】3週続伸、米経済の堅調と円安-決算も後押し

  • 日米金融政策決定会合は現状維持の見通し、波乱要因にならず
  • 為替の不透明感が薄れる、日経平均は1万7800円台も

11月第1週(10月31日-11月4日)の日本株は3週続伸する見込み。米国では経済の改善を受けて年内に利上げが行われるとの見方が強まり、為替の円高懸念が後退した。輸送用機器や機械など輸出関連株を見直す流れが続き、四半期決算の発表が本格化している国内企業の業績見通しの改善を評価する買いも入りそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。