中国株:週間ベースで3週連続上昇-業績改善で証券銘柄高い

更新日時
  • 上海総合指数は前週末比0.4%高-前日比では0.3%安
  • 香港市場ではハンセン指数が前日比0.8%安、H株が1%安

中国株式相場は今週、週間ベースで3週連続の上昇。証券銘柄が買われた。増益決算に加え、不動産価格抑制策を受けて株式への資金流入が増加するとの楽観的な見方が広がった。

  28日の上海総合指数は前日比0.3%安の3104.27で終了。前週末比では0.4%値上がりした。

  国泰君安証券(601211 CH)は前日比0.5%高。7ー9月(第3四半期)の純利益が前年同期から増加したと27日発表した。東呉証券(601555 CH)は1.2%高。7ー9月の純利益が前年同期比79%増となった。CSI300指数は0.2%安で引けた。

  珩生鴻鼎資産管理の戴明マネーマネジャー(上海在勤)は「昨年の株式相場急落後の証券各社の業績は恐らくすでに底入れしている」と分析した。

  香港市場ではハンセン指数が前日比0.8%安で終了。週間での下落率は1.8%となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1%安で引けた。

原題:China Stocks Cap Third Weekly Advance as Securities Firms Rally(抜粋)
Hong Kong Stocks Extend Decline as Property Shares Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE