フィアット:部品部門の選択肢探る、サムスンと協議打ち切り-関係者

  • マニエッティ・マレリをめぐる選択肢について検討と関係者
  • IPOを実施したフェラーリと同じような道をたどる公算も
Photographer: Jeff Kowalsky/Bloomberg

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は傘下の自動車部品メーカー、マニエッティ・マレリをめぐる選択肢を検討している。マニエッティについては韓国のサムスン電子と提携を探る話し合いをしていたが、サムスンのスマートフォン発火問題の中で協議は打ち切られた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。