ドル・円は3カ月ぶり高値を更新、105円台前半-米GDP期待で

更新日時
  • 午後に一時105円42銭と7月29日以来の水準までドル高・円安が進行
  • 年末までにもう少しドル高・円安が進む可能性-外為どっとコム総研

28日の東京外国為替市場ではドル・円相場が1ドル=105円台前半で推移し、午後に入り約3カ月ぶりの高値を更新した。海外時間に7-9月期米国内総生産(GDP)統計の発表を控える中、前日の米金利上昇を背景としたドル買いが相場を支えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。