アラビカ種コーヒー生豆の建玉増加、干ばつによる供給減で-チャート

ICE, Bloomberg

  ニューヨーク市場でアラビカ種コーヒー生豆の建玉(未決済残高)が26日、20万9653枚と、1995年からの統計で最高水準に達した。INTL・FCストーン(マイアミ)のシニアバイスプレジデント、ヘルナンド・ド・ラ・ロッシュ氏は建玉の増加について、コーヒー生豆相場の「強気トレンドのさらなる証拠だ」と指摘。干ばつの影響でベトナムとインド、ブラジルからの供給が減少したことから、アラビカ種コーヒー生豆先物相場は年初来で30%上昇している。アラビカ種は世界最大のコーヒー店チェーン、米スターバックスが好んで利用する品種。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。