ドコモ:通期営業利益見通し上方修正、コスト効率化を拡大

更新日時
  • 営業益は前期比20%増へ、コスト効率化の目標額を200億円上積み
  • 「中期目標の1年前倒し達成はほぼ見込める」-吉沢社長

国内通信最大手のNTTドコモは、今期(2017年3月期)の営業利益予想を9400億円に上方修正した。コスト効率化や端末機器原価の減少が寄与する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。