「インターネットすげぇ」、ピコ太郎さんが外国特派員協会で会見

  • 海外大手音楽レーベルと契約、世界進出目指す
  • ビルボード全米TOP100にチャートイン、最短曲でギネス記録

「ペンパイナッポー・アッポーペン(PPAP)」-。呪文のようなフレーズを繰り返しながらステップを踏む音楽動画が世界中で人気を博しているシンガー・ソングライターのピコ太郎さんが、28日午後、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、海外の大手音楽レーベルと契約したことを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。