米アップル、「MacBook Pro」刷新-ノート型てこ入れ

更新日時
  • 手元のタスクによって変わるファンクション・ディスプレーを配置
  • 指紋認証センサーのTouch IDを搭載

新型マックブック・プロ

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

アップルは27日、ノート型パソコン(PC)製品のてこ入れを目指し、「MacBook Pro(マックブック・プロ)」の新製品を発表した。

  新型マックブック・プロと新しいモニターは米カリフォルニア州クパティーノにあるアップル本社で開かれた記者会見で披露された。新型マックブック・プロは指紋認証センサーのTouch IDを搭載した。モバイル決済サービス「アップルペイ」を利用したオンラインショッピングが容易になる。

  共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏は2010年の「iPad(アイパッド)」投入後、タブレットをノート型PCに取って代わる機器と位置付けていたが、マックブック・プロなどのノート型製品は予想外の粘り強さを見せている。マックの売上高は2015年をピークに減少しているものの、アイパッド販売の落ち込みが比較的急なため、ノート型PCの売上高は現時点でアイパッドを上回っている。

  新型マックブック・プロのサイズは13インチと15インチ。従来製品に比べて軽量・薄型化した一方、トラックパッドを広げ、より高速なチップを採用した。

  新型マックブック・プロの主要な特徴は、キーボードの最上段の物理的なボタンの代わりに配置した新しいデジタル・ファンクション・ディスプレー。タッチバーと呼ぶこのディスプレーは使用中のアプリケーションに応じて機能が変化する。価格はタッチバーなしの13インチ型で1499ドル(約15万7600円)から。15インチ型は2399ドルから。

  パイパー・ジャフレーのアナリスト、ジーン・マンスター氏は顧客向けリポートで、「新型マックブック・プロが意味のある目立った変化をもたらすとは期待していないものの、マック部門を短期的に成長軌道に戻すと考えられる」と指摘した。

  調査会社IDCの今月の発表によると、アップルの7-9月期のPC市場シェアは7.4%と、前年同期の8.1%から低下した。

原題:Apple Seeks to Reclaim Lost PC Market Share With New Macs (2)(抜粋)

(新製品の詳細やアナリストのコメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE