NY外為:ドル上昇、7カ月ぶり高値-米利上げ観測強まる

更新日時

27日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが3月以来の高値に上昇。米金融当局が年内に利上げするとの観測が強まった。

  ドルは主要通貨の大半に対して値上がり。先物市場に織り込まれる12月の米利上げ確率は74%に上昇した。ドルの動きを示す指数は、このままいけば月間ベースでは5月以降で最大の上げとなる。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)の為替ストラテジスト、イアン・ゴードン氏(ニューヨーク在勤)は「きょうのドル上昇の主な要因は、12月および2017年の米利上げ期待がやや強まったことだ」と分析した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%上昇。一時3月16日以来の高水準を付けた。月初から2.5%上昇してきた。

ドル紙幣

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  先物市場に織り込まれる米利上げ確率は、1週間前には68%だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)は11月1-2日に次回会合を開催する。その翌週の8日は米大統領選の投票日。

  ブルームバーグが実施したエコノミスト予想の中央値は、28日発表される第3四半期の米実質国内総生産(GDP)は前期比年率2.6%増(前期1.4%増)。11月4日発表の10月の米雇用統計では、雇用者数の17万3000人増が見込まれている。前月は15万6000人増だった。

  ドルは対円で0.8%高の1ドル=105円29銭と、7月29日以来の高値に上昇。ジェフリーズ・グループ(ニューヨーク)の通貨ストラテジスト、ブラッド・べクテル氏は、日米の金融政策の乖離(かいり)が広がる中で、ドルが年末までに1ドル=108円に上昇する余地があるとみている。

  べクテル氏は「ドルが強く、円に再び弱さが見られることから、1ドル=105円の突破は十分あり得る状況だ」とし、「12月の米利上げが近づくにつれてドルの上昇は落ち着く可能性があるが、円は日銀が新たな政策を打ち出す中で下落が続くだろう」と述べた。

原題:Dollar Advances to 7-Month High as Fed Rate-Hike Sentiment Grows(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE