バークレイズ、米住宅ローン問題で支払い20億ドル以下目指す-関係者

  • バークレイズは場合によっては法廷で争うため弁護士を起用と関係者
  • 多くを語るべき状況にはないとステーリーCEO

英銀バークレイズは住宅ローン担保証券販売をめぐる米司法省の調査について、20億ドル(約2100億円)以下の支払額で決着することを目指していると、事情に詳しい関係者が明らかにした。米当局が交渉の出発点となる額を提示したという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。