プーチン露大統領:米国は「バナナ共和国」?-選挙関与を一蹴

ロシアのプーチン大統領は、米大統領選にロシアが関与しているとの米国側の指摘は「ヒステリー」だと一蹴。米国の有権者がドナルド・トランプ氏もしくはヒラリー・クリントン氏を選択する上で、ロシアが影響を及ぼすことなど不可能だと述べた。

  プーチン大統領は27日、ソチで開かれたフォーラムで、「ロシアが米国民の選択に影響を及ぼせると真剣に考えている人などいるのだろうか」と問いかけ、「米国はバナナ共和国なのか?米国は大国だ。もし私が間違えているというなら、正して欲しいものだ」と続けた。

原題:Putin Says U.S. Isn’t Banana Republic, Should Get Over Itself(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE