米ブラックストーン:7-9月期利益は予想上回る、不動産売却が寄与

ブラックストーンの7-9月(第3四半期)決算は利益がアナリスト予想を上回った。 プライベートエクイティ(PE、未公開株)資産が増加したほか信用資産の拡大が寄与した。同社はまた一連の不動産資産を売却した。

  27日の発表資料によると、ENI(未実現利益を含む経済的純利益)は6億8700万ドル(1株当たり57セント)。前年同期は4億1590万ドルの赤字だった。ブルームバーグがまとめたアナリスト14人の平均値では1株当たり47セントの利益が見込まれていた。

  ブラックストーンは当期中に72億ドルの不動産資産と45億ドルのPEを売却した。同社が保有する資産で最大のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスは1.8%増加した。ブラックストーンは今週、ヒルトンの株式約25%を海航集団(HNAグループ)へ65億ドル売却することで合意した。これによりブラックストーンによるヒルトン株の保有比率は約21%に縮小する。

  ブラックストーンのPE資産は当期中に3%増加。同業のKKRは同5.8%増、カーライル・グループは3%増加した。

原題:Blackstone Tops Third-Quarter Estimates on Real Estate Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE