欧州銀にやっと朗報、ドイツ銀とバークレイズのトレーディング好調

欧州の大手投資銀行のトレーディングデスクにやっと明るいニュースが訪れた。

  バークレイズとドイツ銀行の7-9月(第3四半期)の債券トレーディング収入が前年同期比で急増した。ブルームバーグのデータによれば、世界のトレーディング大手7行の同収入に占める2行の割合は幾分回復した。4-6月(第2四半期)には2013年以降で初めて20%を下回っていた。

  バークレイズで金利と外為を含むクレジット・マクロ部門の収入は40%増加。ドイツ銀の債券セールス・トレーディング収入は14%増えた。

英バークレイズ銀のロゴ

Photographer: Jason Alden/Bloomberg

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、アージュン・バウリー氏は、「これらの決算内容はドイツ銀の債券事業の回復力についての懸念を幾分和らげ、経営陣に若干の余裕を与えるだろう」と述べた。

  ただ、第3四半期には上向いたものの、欧州銀の債券トレーディングでの7行中のシェアは今年、2015年の24%から低下している。

原題:Europe’s Top Trading Firms Have Some Good News as Revenue Jumps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE