TPG、米マクドナルドの中国フランチャイズ権獲得争い撤退-関係者

  • マクドナルドは11月半ばまでに売却先を決める方針だと関係者
  • 外資系投資会社2社と中国勢が争う構図に

マクドナルドの中国事業の取得争いからTPGキャピタルが撤退した。これで売却額が最大20億ドル(約2090億円)に達する可能性がある中国事業をめぐり、外資系投資会社2社と中国勢が争うことになる。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。