債券下落、日銀総裁発言余波で超長期債中心に売り-円安・株高も重し

更新日時
  • 長期金利は一時マイナス0.045%と1カ月ぶり高水準
  • 総裁がそうはっきり言うのであれば超長期買いづらい-メリル日本証

債券相場は下落。前日に日本銀行の黒田東彦総裁が超長期債の金利低下をけん制する発言をきっかけにした同ゾーン中心の売りが継続した。国内株式相場の上昇や外国為替市場で1ドル=105円台への円安・ドル高進行も売り手掛かりとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。