VW:通期の利益率は目標レンジ上限に-アウディは下回る

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は27日、2016年通期の利益が目標レンジの上限となるとの見通しを示した。排ガス不正の影響が高級車部門アウディの収益性にも影響を及ぼしているものの、中国の需要拡大がこれを和らげている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。