ボーイングCEO:キャッシュフロー増加へ、「777」減産拡大でも

  • 受注残解消などで来年と再来年にキャッシュフローは増加する
  • 潤沢な現金は投資家にアピールできる材料

ボーイングのデニス・ムーレンバーグ最高経営責任者(CEO)は26日、たとえ需要の低迷でジェット機「777」の一段の減産を余儀なくされたとしても、同社は引き続き現金を生み出す巨大企業であり続けるとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。