長年の敗者同士の対戦に強い関心、米ワールドシリーズTV視聴好調

  • シリーズ初戦の視聴者、2009年以降で最多-ニールセンのデータ
  • カブスは1908年、インディアンスは48年を最後に王座から遠ざかる

米大リーグのワールドシリーズ初戦、クリーブランド・インディアンスがシカゴ・カブスを6対0で破った25日の試合の視聴者数は、同シリーズの開幕戦としては2009年以降で最も多かった。今年のシリーズは数十年にわたってチャンピオンの座から遠ざかっているチーム同士の争いとなっており、関心の高さがうかがえる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。